キャッシング即日、消費者金融とヤミ金の違い

キャッシング即日、消費者金融とヤミ金の違い

消費者金融はサラ金と同じものだと勘違いしている方も多いようです。ですが、この二つは全く違うものなので混同しないようにしましょう。
キャッシング即日融資:本当にキャッシングが必要?

消費者金融=怖いと考えている人の多くは、消費者金融等とヤミ金が同じものだと思っているのではないでしょうか。これらは全く違うものです。

消費者金融は昔はサラ金とも呼ばれていました。そのためヤミ金と混同してしまう方が多いようです。

消費者金融と闇金の大きな違いはどこにあるのかというと、これは法律を守って営業しているかどうかにあります。消費者金融は法律で定められている範囲の金利などを守り貸し付けを行っているだけでなく、取り立てに関することも国で決められた決まりを守って営業をしているのが特徴です。

それに対し、ヤミ金は法律や規制を無視した営業を行っています。そのため、法外な金利で貸し付けを行い、違法な取り立ても行っているのです。この違いを知るだけでも、ヤミ金がいかに危険かわかるでしょう。ヤミ金の多くは、通常の消費者金融では審査に通らないブラックの人などを対象としています。

ですが、表面上はヤミ金とは違う形で営業しているものの、裏で繋がっている業者もあるので注意しなければなりません。例えば、クレジットカード現金化を行っている業者です。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って商品などを購入し、それを現金で買い取ってもらうものなのですが、どうしても利用者が損をするような仕組みが成り立っています。

それから、中小の消費者金融の中にはヤミ金のような違法な取引を行っている所もあるため、初めてキャッシングを利用する際などには大手の消費者金融から選択した方が良いでしょう。テレビCMを行っているような大手の消費者金融であれば、国の法律を守って運営されているので安心です。

消費者金融から借りられない人はついヤミ金の甘い言葉に魅力を感じてしまうかもしれませんが、一度利用してしまうと破滅の道しか用意されていません。債務整理をするなどして対策をとることも考えてみてはどうでしょうか。

審査に落ちる人の特徴と受かるポイント

これからキャッシングの審査に申し込もうと思っている方は、自分は審査に通るか不安に感じているでしょう。具体的な審査基準については公表されていないので、どのような人ならば100%受かるということはできません。

審査の前に個人情報を登録するのですが、様々なポイントがチェックされています。 例えば、現在住んでいる自宅は賃貸なのかも持ち家なのか?賃貸である場合は家賃はいくらか、何年住んでいるのか?固定電話はあるか?勤務先はどこか?役職は?勤続年数は?などなど。

どのような審査項目があるかというのは業者によって違うため、業者によっては配偶者の名前や生年月日まで聞かれることもあるようです。

では、どういった方が審査に受かり、どういった方が落ちてしまうのかについてご紹介します。

まず、住居についてですが、こちらはローン完済済みの持ち家であれば高い評価を得ることができるのですが、ローンを返済中だったり、賃貸アパートの場合は評価が落ちます。 ただ、賃貸物件に済んでいる方はとても多いですよね。

ここでもう一つのポイントとなるのが居住年数に関すること。 引越して来てから半年以内に借入の申し込みをしてしまうと評価が悪くなりがちなので、居住年数が長い方が有利となります。

電話については、固定電話のほか、携帯電話もあった方が良いです。 勤務先は安定しているかどうかが大きなポイントとなり、公務員は評価が高く、水商売や娯楽関係の方は評価が厳しくなってしまいます。

また、3000人以上が勤めている会社は評価が高く、個人事業主は評価が低いです。 勤続年数も関係しており、3年以上であれば問題ありませんが、半年以下の場合は審査に通るのが難しくなってしまうため、半年以上経過したうえで申し込んだ方が良いでしょう。

また、健康保険の種類は社保→国保→未加入の中に評価が低くなっていくのですが、勤続年数と健康保険の種類はとても重要な審査ポイントになります。

あとは借入金額が総量規制に沿っているかどうかという点も確認しておきましょう。 他社からの借入も件数や金額が多い場合には評価が下がってしまうので注意しなければなりません。

リボ払いは実は損?

様々なキャッシング業者で取り入れている便利な返済方法といえばリボ払いです。 ですが、返済方法としてリボ払いを選択すると損をしてしまう可能性が高くなります。 これは、リボ払いは月々の返済額を抑えられるというメリットがあるものの、手数料がかかってしまうためです。

確かに便利な返済方法ではありますが、実際にリボ払いを選択する際には自分がどれくらい損をするのかについてもチェックしてみると良いでしょう。 そこで、知っておきたいリボ払いの特徴や注意点についてご紹介します。

そもそもリボ払いとは何かというと、月々の支払い額に加え手数料を支払う返済方法です。 月々の支払い額がいくらになるかというのは業者や設定によって異なり、定額コースなどを選択している場合には毎月5,000円のような形で金額が固定されています。 これに加えて手数料を支払うわけです。

では、この手数料とは何かというと、利息のようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。 こちらも業者によって違いがあるものの、多くの業者では年率15%から18%に設定されています。

次に、どれくらい損をしているかについてチェックしてみましょう。 手数料は元金が少なくなるほど小さくなるので、返済を続けていくうちに手数料も安くなっていきます。

ですが、一例として月々5千円のリボ払いで20万円の買い物をした場合、完済するまでには5万円ほどの手数料がかかってしまうので、決して安くはありません。

しかも、リボ払いでは毎月の返済額が一定となっているため、たくさん使ったとしてもその意識が薄くなってしまいます。そのため、借金をして物を購入しているという意識がなくなり、不要なものまで購入してしまう方もいるのです。

現在リボ払いで返済をしている方もボーナスなどを活用して一括返済ができないか考えてみてはどうでしょうか。一括返済が難しい場合も月々の返済額を少し多めに設定することで総合的な手数料を抑えることができます。

このページの先頭へ